ドッグフードと犬種

ペットにはいろいろな種類がいますが、犬ほど長い間人間とともに生活している動物はほかにありません。
また、ただ、ともに生活するだけではなく、ちゃんと働いている犬もたくさんいます。
それほど、頭のいい動物なのです。
昔は、番犬やペットとして飼われている犬は人間の食べた残り物を与えられていました。
よほど恵まれた犬でも、人間とよく似たもの、人間の食事のついでに作られるものを食べていました。
犬も人間と同等の物を食べると非常に喜びました。

人間が食べるものは味が濃いので犬もそれをおいしいと感じるようです。
現に濃い味の食事を与えられている犬は薄味の物を好みません。
犬でも人間でも、濃い味付けになれてしまうと薄味は頼りなく、水臭く感じてしまうのです。
しかし、周知のようにこのような食事は犬の健康にとっては決していいものではありませんでした。
近年になって、犬がペットや番犬というよりも家族の一員として愛されるようになり、犬の食事にも家族と同じような注意がはらわれるようになりました。

生活が豊かになって、犬の健康のために費用をかけることが当たり前になったのです。
一昔前にはドッグフードは手間いらずで、保存性がいいということに重点がおかれていました。
あくまで人間の都合が基本だったので、犬種や年齢などはあまり考慮されなかったのです。
しかし、現在は,犬が喜ぶもの、犬が健康で長生きできるものへとドッグフードに関する視点が変わってきました。
こうなると必然的に犬の大きさや年齢、生活環境などを考慮したドッグフードが商品化され、飼い主も自分の犬にふさわしいドッグフードを真剣に選ぶようになりました。
子犬や老犬、大型犬や小型犬、働く犬、愛玩犬など、犬種別のドッグフードは犬にどのような影響があるのでしょうか?


[特別推薦サイト]
アレルギー考慮したドッグフード、穀物不使用ドッグフードの通販サイトです ⇒ 穀物不使用ドッグフード